冬場の頭皮の乾燥

冬場の頭皮の乾燥

冬場の頭皮の感想に注意

 

冬は頭皮に乾燥警報が出される時期です。空気の乾燥や寒さによる血行不良などによって、お肌と同じように頭皮も乾燥しやすくなります。冬場は特に乾燥しやすく頭皮の細胞の働きが鈍くなったり地肌角質があれて栄養分のある育毛剤も浸透しにくくなります。

 

静電気、これも要注意です。ブラッシング時に毛根にダメージを与え髪を抜け毛の要因になります。冬場のブラッシングには霧吹きなどで髪を軽く湿らせた状態にするのが良いです。ただし濡れすぎると髪表面のキューティクルがはがれてしまうので、軽く湿らす程度を忘れずに。

 

冬の寒さの血行不良

 

頭皮の血行不良は乾燥を加速させるので要注意。血行不良で乾燥して頭皮が硬くなるのを防ぐことが重要です。マッサージや蒸しタオルによるヘアパックなど血行を促すケアを欠かさずに。頭皮が柔らかくなると育毛剤も浸透しやすくなります。マッサージやヘアパックは毎日のお風呂でシャンプー前に行うと効果的です。毛穴も開いてますので毛根の汚れ、脂のつまり等も落ちやすいですね。

 

ドライヤーにも注意

 

冬場はドライヤーをかける時間がどうしても長くなります。ドライヤーの使い過ぎは当然髪にも悪影響ですが、温風によって頭皮も乾燥させます。

 

髪の洗いすぎに注意

 

頭皮が乾燥したからよく洗う。これは逆効果になります。冬に暑いシャワーで
髪を洗うと頭皮から必要な皮脂も奪ってしまします。必要以上に、水分・脂分を失わないように心がけましょう。

 

冬の外出時にも注意

 

寒い冬の気温で頭皮を冷やすと乾燥を早めます。寒い日の外出はとにかく頭皮を冷やさないよう暖かいニット帽などを忘れずに。

 

頭皮の乾燥は冬だけではありませんが、特に寒い冬場は注意が必要です。十分なヘアケアで頭皮を乾燥から守り、頭皮のトラブルを回避することが健康でフサフサの髪を作る土台になります。冬の乾燥に気を付け決して「頭皮の砂漠化」にならないようにして下さい。

 

頭皮の砂漠化